ボイルドエッグズ

曽田正人と作家エージェントCorkとこれからの出版

 著作権エージェント会社としてもっとも有名な会社がこの有限会社ボイルドエッグズです。これは作家のためのエージェントを仕事として行う会社の中では比較的最初期に作られたもので、元々は早川書房の編集者である村上達朗が、欧米の出版モデルを模倣することによって生み出したものになっています。創業は平成10年の12月、そして仕事の内容としては作家や著者の代理人として各出版社への作家や作品の販売促進、原稿依頼や取材などの申し込み受付窓口を行っています。他にも出版社との出版契約時の契約書の締結と言ったものから、二次使用を含めたプロモーション展開などといったものまでを一括管理して行っています。

 ちなみに最初にエージェント契約を行なったのは、三浦しをんです。三浦は、早川書房での入社試験の際、担当面接者であった編集者・村上に、入社試験作文から執筆の才を見出され、村上が早川書房を退社後に作家に転進するよう勧められました。結果として探偵はBARにいるや舟を編むなどと映画でも非常に人気になった作品を数多く生み出し、一線の舞台で戦う作家として活躍しているのです。