安野モヨコ

曽田正人と作家エージェントCorkとこれからの出版

 働きマン、ハッピーマニアなど数多くのヒット作を生み出してきた漫画家が、この安野 モヨコです。現在では株式会社カラーの取締役もやっている彼女ですが、一時期はダブルアンノと呼ばれており、結局、映画監督である庵野秀明と結婚しています。そんな彼女も、この著作権エージェント会社であるコルクと契約を結んでおり、その活動の幅を広めております。

 元々、高校在学中にデビューした彼女ですが、『別冊少女フレンドDXジュリエット』にてデビューを果たすと、その後連載を果たすまでは岡崎京子という漫画家のアシスタントをやっておりました。これは安野がファンレターを送ったことに起因しており、その後、七年後にはハッピーマニアという漫画の連載を始め独立しています。このハッピーマニアという作品ですが、ドラマ化がされ、次に美人画報での連載もスタートします。さらにシュガシュガルーンという作品が講談社漫画商事同文学部門を受賞すると、同年七月よりテレビアニメ化されることになります。他にも様々な作品を出していますが、現在は鼻下長紳士回顧録という作品を公開しました。これは日本のアニメシーンの最先端とも言える、日本アニメ(ーター)見本市にてアニメ化されておりました。これらの作品は現在Storeというサイトにて販売している上、様々な版権の扱い方についてコルクのアドバイスを受けているのでは無いかと思います。